Table Talk座談会

各部署で活躍する女性社員6名が入社理由や仕事のやりがい、
職場環境を本音で語ります!

Profile

※取材当時のプロフィールです。

Chapter 1新明和工業を知ったキッカケ、入社の決め手は?

  • 西畠 「メーカー」「営業」を軸に就活をしていました。特に新明和工業が作っている機械式駐車設備やリサイクルセンターのような生活を支える社会インフラ製品を、自信をもって勧められるような営業がしたかったんです。
    それに、大量生産されたモノをとにかく売るのではなく、お客様のニーズをしっかり汲み取って実現できるような営業をしたいと思ったのでこの会社を選びました。
    私は就活が終わったのが比較的最近ですが、皆さんはどうでしたか?気になります(笑)
  • 境野 学生時代に学生フォーミュラという車を作る活動をしていて、ブレーキを担当していたんです。その時から「社会の安全」に関心があって、いろんな会社を調べていくうちに“地震に強い”機械式駐車設備を作っている新明和工業に出会いました。
  • 高井 私は純粋に飛行機や空港がすごい好きで。それにモノづくりも好きなので、新明和工業は昔から「飛行艇を作っている会社」として知っていました。
  •  私も高井さんと結構似ています。あんな重い機体が飛ぶなんて凄いなと思い、飛行機に携わる仕事がしたいと考えていました。
    それに、工場で働きたいという夢があったので航空機メーカーに入ろうと思いました。新明和工業を選んだのは、世界でも最高峰の性能を持つ「US-2」という水陸両用飛行艇を作っている会社だと知ったからです。
  • 山﨑 大学で学んでいた応用物理学を生かせる仕事を探していたなかで、表面改質事業というのを知りました。それが新明和工業に興味をもったキッカケです。さらに決め手になったのは、面接が進んでいくなかで“THE・研究者”の雰囲気がある方と出会い、「この人のもとで働きたい!指導を受けたい!」と思えたことです。実際は入社して1~2年しか指導は受けられなかったのですが、いろいろ教えてもらい、本当に出会えてよかったです。
  • 岡﨑 すごく前のことなので忘れてしまっている部分もありますが(笑)小さい頃からパイロットになることが夢でしたが、視力など厳しい制限を越えられなくて。それで大学を選ぶ時、経営工学科に入学しました。「モノづくりをいかに効率的にするか」というのが面白そうだなと思ったので。就職活動では学んだ経営工学を生かせるということで、航空機メーカーを目指しました。あと実家が工場に近かったので、新明和工業が航空機を作っていることは知っていました(笑)

Chapter 2現在の仕事内容を教えてください

  • 岡崎 現在は航空機事業部の資材部に所属しています。資材部には倉庫管理をする物流部門と、航空機部品など資材を買い付ける購買部門があり、私は部長として購買部門をまとめる立場にいます。
    実は航空機の価格の約60%は資材なんです。つまり、売り上げの約60%を外部に支払っていることになるので、コストダウンはシビアに要求されます。
    そんななかで皆さん得意分野を生かして仕事をしていますね。たとえば資材は主にアメリカやカナダ、ヨーロッパから購入しているので、英語が得意な人は海外の業者とのやりとりをしています。
    資材部には50人ぐらいメンバーがいるのですが、1/3ぐらいは女性なので結構楽しく働いていますよ。
  • 山﨑 私は産機システム事業部に所属し、3次元CADで新機種などのシミュレーションモデルを作れるよう取り組んでいます。今までは2次元で図面を書き、実際にデモ機を作って実験や検証をしていたのですが、将来的には誰もが3次元でシミュレーションできるようにすることが目標です。今は設計者から上がってくる問題点を解決したり、利便性を改善したりしています。
    トレーニング環境が整ってきているので初心者には優しい部署だと思います(笑)
  •  岡﨑さんと同じ航空機事業部に所属していますが、生産技術部の設備課で今まで手作業だった現場作業の自動化に取り組んでいます。
    仕事の流れとしては現場の作業員の方から、「この作業を自動化したい」といった依頼がきます。どうすればいいか現場の方と一緒に考えて、必要な装置を取り扱っている業者に見積もりをお願いして導入しています。
    製造現場の方はもちろん、資材部をはじめさまざまな部署と関わる仕事ですね。
  • 高井 私は本社の技術部に所属しています。技術部は全社の基盤事業の製品をさらに発展させることをテーマに掲げていて、さまざまな事業部と関わるので、一人ひとりが違う事業部の仕事をしているんです。だから技術部の飲み会ではいろんな事業部の話を聞けるのが面白いです。
  • 岡﨑 他の事業部の情報って聞く機会が少ないので、その点は羨ましいですね。
  • 高井 入社からずっと自動車などに使われる電線を切断・加工する自動電線処理機の開発に携わっているので、その設計や製作をされている方と関わることが多いのですが、とにかく楽しい部署です(笑)
  • 境野 私はパーキングシステム事業部で設計部の開発グループに所属しています。今は既存製品のバージョンアップに携わっています。
  • 西畠 今後、境野さんに開発してもらうかもしれない機械式駐車設備の営業をするのが私の仕事です。主にタワー式の機械式駐車設備を事業主やゼネコン、設計事務所の方と打ち合わせを重ねて、何年もかけて仕様を決めていきます。最終的に受注して、工事を担当される方まで引き継ぎをし、納入するという仕事です。1つひとつの営業期間がすごく長く、納入までに4~5年かかるんですけど(笑)
  • 一同 えぇぇぇ!
  • 西畠 だから焦らないでいいよと言われているのですが。
    まだ入社して日が浅いので、お客様からのお問い合わせにしっかり応えていくことや、丁寧に打ち合わせを重ねることを意識して頑張っています。

Chapter 3社風や職場環境を教えてください。

  • 西畠 家族や家庭を大切にしてくれる風土はあると思います。以前、先輩のお子さんが怪我をして学校から連絡があった時、仕事を途中で切り上げてお迎えに行かれましたが、周囲で嫌な顔をする人はいませんでした。
  •  育休を取得したり、時短勤務で働いていたりする方は結構いらっしゃるので、私も結婚して出産したとしてもずっと働きたいと思っています。
  • 岡﨑 育児休暇を取った男性社員の方もいらっしゃいますしね。
  • 山﨑 私も育休を取得して職場復帰しました。子どもは今ちょうど1歳になって保育園に通っているので、定時で帰社してお迎えに行っています。ただ熱が出ると預けられなくて会社を休まなければいけなくなるんです。そんな時に自宅でも仕事ができる環境が整っていればいいなという思いはあります。
  • 西畠 仕事に関して言うと、最近は営業の若手主体で「若手会議」を開催しています。内容は技術者の方をお招きして仕事内容を勉強したり、車のあり方が変化しているなかで機械式駐車設備の今後を考えたりといったものです。若手でも「製品や事業部全体をこう変えていこうよ!」と声を上げる機会はあるので良い職場だと思いますね。
  • 岡﨑 女性が働きやすい会社は男性も働きやすい、と言われていますがその点で新明和工業は働きやすい職場環境があると思います。

Chapter 4今後の夢や目標はありますか?

  • 高井 新明和工業には「産機システム」「流体」「パーキングシステム」「航空機」「特装車」と5つの事業部があるので、異なる分野の仕事もやってみたいと思うことはありますね。ジョブローテーションのような感じでしょうか。
  • 岡﨑 航空機事業部にはジョブローテーションのような制度があって、技術部から生産管理にきている人もいるんですよ。
  • 境野 航空機事業部からパーキングシステム事業部に来られた方がいて、ちょっと驚いたのを覚えています(笑)
  • 高井 私が特に憧れているのは航空機の搭乗橋なんです。先輩が航空旅客搭乗橋の開発をしていて、シンガポールのチャンギ空港にデモンストレーションをしに行っていたのがすごく羨ましかったですね。皆さんはやってみたい仕事はありますか?
  • 山﨑 いろんな事業部で3次元CADが使われているみたいなので、皆さんがどのような使われ方をしていて、どう管理しているかもっと勉強したいですね。
  • 境野 私の部署ではまだ全然普及していないので、3次元CADを推進している山﨑さんの知見を聞いてみたいです。
  • 山﨑 今は月2回ぐらい3次元CADのコンサル会社の方とミーティングをして使い方などの指導を受けつつ、私たちの製品に合ったデータ管理を考えている段階です。まだまだこれからですが、他の事業部とも意見交換をして情報を社内に広げられたらいいですよね。
  •  私は「飛行機を作りたい」という想いを持って入社したので、いつか新しい航空機の製造に携わりたいですね。それと営業や技術、設計に同期がいるので同世代の仲間と一緒に協働してモノづくりができればいいなと思っています。今は先輩に頼ってばかりですが(笑)
  • 西畠 私は、営業としてもっとエンドユーザーと関わりを持ち、利用者だからこその意見を吸い上げたいと思っています。日頃からエンドユーザーと最もよく関わるメンテナンス部門と協力し、「この操作が面倒」や「こんな機能がほしい」といった声を しっかり拾ってモノづくりに生かせるような営業になりたいという想いはありますね。
  • 境野 エンドユーザーファーストの開発ができたらきっと楽しいですよね。
  • 西畠 そうですよね!

Chapter 5どんな人と一緒に働きたいですか?

  • 境野 モノづくりが好きで、学ぶことに意欲的な人ですね。新明和工業には教えるのが好きな方が多いので、モノづくりに積極的な人が来てくれたらきっと部署や会社が活気づくと思うんです。
  •  それに上司も先輩も若手の意見にしっかり耳を傾けてくれるので、思っていることをしっかり言えて新しいアイデアを提案できる人が入社してくれたらいいなと思います。
  • 西畠 社内にはまだまだ女性社員は少ないですが、女性に対する理解はあるのでそれほど気にする必要はないと思います。それに整っていない制度があるなら私もサポートするので「作っていきましょう!」と言ってくれるぐらいの人と一緒に仕事をしていきたいですね。
  • 境野 頼もしい(笑)
  • 岡﨑 そうですね。積極的に、どんどん発信してくれる人を増やしていきたいですね!私たちも負けずに発信していきま しょう。
  • 全員 ハイ!